アニオンギャップは必ず計算する癖を!

血液ガスを見たら、

いつも必ずアニオンギャップを計算する癖をつけましょう!!

 

STEP3は、

アニオンギャップを計算する!です。

 

アニオンギャップの計算方法は、

Naー(Cl+HCO3)で計算します!

 

または、

NaーCl-HCO3で求めることができます。

 

アニオンギャップの正常値は12です。

これが、12より大きければ、

 

それだけで

=アニオンギャップの上昇している代謝性アシドーシス

を来たしている、いうことが言えます。

image

http://blood-gas.com/の問題を見てみましょう。

 

Na=139、Cl=91 HCO3=19ですので

139ー91ー19=29と、アニオンギャップの上昇が認められます。

 

ゆえに、アニオンギャップ上昇の代謝性アシドーシスがある、ということがわかります。

 

 

アニオンギャップの説明は、血ガスブートキャンプLevel3では必要ありません♪

まず、機械的に計算を出来るように進めることを優先します。

 

というのも、血液ガスは数学と一緒と考えます

 

3平方の定理の証明って、中学のころやりませんでしたか?

あれって、証明は今も出来る人はたくさんいると思いますが、

できなくても

image

を知らない人はいないとおもいます!

 

 

同じで、

アニオンギャップの計算ができて、その病態が分かることと、

その理屈が分かることは、少しレベルアップが必要です。

もちろんブートキャンプの別項で鍛える機会はあります!

 

 

そして、繰り返しますが、血液ガスを見たら、

いつも必ずアニオンギャップを計算する癖をつけましょう!!

 

こんな患者さんも来院します!

pH=7.31、Na=135 Cl=90 HCO3=24 pCO2=39

一見はっきりしないですが、これでアニオンギャップを計算すると、

AG=135-90-24=21と

アニオンギャップ上昇の代謝性アシドーシスがあることが分かります。

 

Level3までの確認!

STEP1 アシデミアなのかアルカレミアなのか

STEP2 呼吸性なのか、代謝性なのか

STEP3 アニオンギャップを計算する!

 

癖をつけましょう!!

 

image

 

HOMEに戻る